FC2ブログ

プロフィール

RANA

Author:RANA
小動物や昆虫などの写真を主に撮っています。
機材は小型軽量のフォーサーズ、マイクロフォーサーズ。

日本自然写真協会(SSP)会員
(プロ中心ですがアマチュアも参加できます。私もアマチュアです。ページ上部にリンクがあります。)

ゴミゼロ倶楽部会員(フォーサーズ、マイクロフォーサーズのクラブです。ユーザーは誰でも参加できます。ページ上部にリンクがあります)

私のHPも作りました。ページ上部のリンクからご覧ください。

カテゴリ

0 コメント

アブラゼミの羽化、再び!

再びアブラゼミの羽化を写してきました。今度は機材を少し入れ替えて、軽量化して手持ち撮影。そういうわけで、いろいろな個体を写したので、一個体を追いかけたわけじゃありません。幼虫が一生懸命木を登っていきます。結構、上の方まで登っていきます。葉っぱに止まり、羽化が始まりました。抜け出したばかりのセミはとても神秘的な色彩。翅がみるみる伸びていきます。ほとんど伸びました。まだ、妖精のように真っ白です。少し色...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

アブラゼミの羽化

ニイニイゼミの羽化が終わりに近づき、アブラゼミの季節になりました。公園の一角はマツクイムシやカシノナガキクイムシで松やコナラが枯れて伐採が進み、セミは減少しています。でも、10mも離れればセミは健在。2時間ほど楽しく過ごせました。幼虫の抜け殻からみるみる出てきます。ぐいっと体を反らして、6本足や呼吸器を脱皮します。上から見るとこんな感じ。かわいいですね。やがて神秘の白い翅になります。ニイニイゼミは最...
記事の続きを読む
0 コメント

緑の閃光! アイノミドリシジミ

アイノミドリシジミと遊んできました。隣県ですが、両県ともコロナウィルスのまん延防止等重点措置でも緊急事態宣言でもありません。それでも自動車で単独で出かけ、トイレ以外は人と近づかないようにして、誰もいない山の中で安心して撮影できました。ゼフィルスと呼ばれるミドリシジミ類には雄の翅が緑色に輝く種類が多くいます。その中でもアイノミドリシジミは日本産のミドリシジミ類では最も輝きの強い種類です。山が盛夏を迎...
記事の続きを読む
0 コメント

ニイニイゼミの羽化

田舎住まいのいいところは、身近な自然に簡単にアクセスできることです。セミの羽化は近所の公園で見られます。東京では夜の公園は立居入り禁止が多いし、立入りできても写真撮影でいくにはリスクが大きくて二の足を踏みます。その点、ここ茨城では家から3分の公園でセミの羽化を撮影できるのは、とても幸運なことです。夜9時ごろ行くと、いくつものニイニイゼミの幼虫が脱皮してセミになりつつありました。ニイニイゼミはいつもは...
記事の続きを読む
0 コメント

夜の散歩

夜の里山を歩いてきました。カエルの合唱の季節が終わり、鳴く虫の合唱はもう少し、ということで静かな夜でした。竹藪で産卵管の大きな変な虫を発見。後で調べたら、ヒサゴクサキリの若虫のようです。アンテナ、長いですね。もう一匹いましたが、こちらは産卵管がない。ヒサゴクサキリの雄の若虫でしょう。闇夜に光る妖しい赤い目は蛇の目じゃなくって、タイワンキシタアツバ。雰囲気がいいですね。アブラゼミが羽化していました。...
記事の続きを読む