スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つのキチョウ

絶滅危惧種ツマグロキチョウの他にキチョウがいます。
このキチョウ、今ではキタキチョウとミナミキチョウに分かれていますが、判別は難しいです。
本州の物はキタキチョウということなので、そういうことにさせていただきます。

cPA140290.jpg

cPA140402.jpg
スポンサーサイト

秋のチョウ

夏には数が少なく、秋にならないとなかなか見られないツマグロキチョウ。
茨城あたりではほぼ絶滅していて、見ることはできない。
秋のチョウということで、遊んでもらいました。
この種の生きられる環境がいつまでもあって欲しい。

aPA140432.jpg

aPA140492.jpg

aPA140571.jpg

スズメガのサイン

スズメガの幼虫は尾端に一本のトゲを持っています。
トゲと言ってもサソリのように刺すトゲではなく、まあ、飾りかこけおどしのようなものです。
そのトゲをなんらかの合図のように上下していました。
いったい、どういう意味があるのでしょう?
そういうことができる、している、ということは間違いなく、生きていく上で必要な何らかの合図なのでしょう。
何故なんでしょうね

aPA130066.jpg

aPA130057.jpg

おっと

植物園を散歩。
ウラギンシジミが真っ白な羽を輝かせて止まっていました。
柵があるので近づけずにロングで撮影。
帰ってからパソコンで眺めてみると、ウラギンシジミの下に、なんとカマキリが狙って(?)いました。
これは分からない。
見事な隠蔽色。
チョウも大変だ。

aPA121013.jpg

鹿島神宮

30年ぶりくらいに鹿島神宮に行きました。
一言で言って、驚きました。
昔は明るい松林でした。
今は、鬱蒼とした杉と椎の暗い森です。
全ての松が、松食い虫で枯れてしまった結果です。
この森を、今見た人は到底信じられないでしょう。
里山がナラの茂る林ではなく、はげ山に松が生えていただけというのも、もうほとんどの人が信じません。
ま、いきさつはともあれ、奥深い感じの森に、神社というのは絵になります。
そんな感じで。

aPA060363.jpg

aPA060298.jpg

aPA060395.jpg

子猫

たまにはフラワーちゃんの写真でも

aPA060004.jpg

bPA060026.jpg

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。