スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミドリシジミ

何年かぶりにミドリシジミの卵を探しました。
この蝶はハンノキの幹の割れ目に産卵し、卵で越冬します。
以前に見つけた場所に行ってみました。
しかし、木々が大木になっており、全体の樹皮が割れ目に覆われていて、どこを探していいのか、まさに途方に暮れてしまいました。
確か以前は比較的細い木で探したはずなのですが、全然ありません。
単に大木になっただけではなく、小さな木が大きな木に押されて枯れてしまったのだと思います。
1時間、じっくり探しましたが、発見できません。
もうあきらめて帰ろうかと思って、ふと最近見つけた林に立ち寄ってみました。
ここはそれこそ10年前まで休耕田だったところです。
ここで、しばらく探してみると、、、、
いました!
最初に3卵が見つかりました。
興奮して撮影です。

aPC290323.jpg

これに自信を得て探すと、次々と見つかります。
直径1ミリほどの卵を写すのに、マイクロフォーサーズでは最大の倍率に挑戦しました。
35mm換算2倍までよれる35mmマクロ(FT用)+2倍テレコン(FT用)+(FTーMFT)アダプタ+MFT用中間リングの組み合わせになります。
その写真が、2枚目と3枚目。

aPC290527.jpg

内蔵ストロボに、ケンコーの影取りを使っています。
卵の表面に彫刻のような立体的なテクスチュアがあります。
蝶の雌は自然の3Dプリンタでも持っているんでしょうか。

aPC290658.jpg

森というものは、いつまでも変わらないような気がしますが、そのようなことはないのですね。
木々も育つし、休耕田は森に帰るし、蝶の住処も、見つけやすさも変わってきます。
「ハンノキ林」と一括りには言えませんねえ。
スポンサーサイト

午年に向けて

来年は午年なので、馬の写真を撮りに行きました。
馬といえば、シマウマじゃなくって、やはり野生馬を撮りたい。
野生馬といえば、モウコノウマ(プシバルスキーウマ)。
というわけで、多摩動物園まで行ってきました。
モウコノウマはやはり凛としてカッコいい。間延びしたサラブレッドとは違います。

aPC210021.jpg

トラのケージでは、近づいてくるトラをZD50-200mmでC-AFがしっかり追尾するのに喜びました。

aPC210624.jpg

蝶の温室では、新レンズMZD12-40mmが蝶を撮るくらいならぼけ具合も美しく、十分な性能だと確信。

aPC211500.jpg

ただ、近接時は12mmもないですね。
広角接写とはいいにくい感じになるのが、ちと惜しい。

元気でした

ウラギンシジミ、風雨にも負けず2頭とも元気でした。
ほっとしました。
このまま、冬を越し絵くれることを祈るばかりです。
aPC160009.jpg

aPC160032.jpg

ウラギンシジミ

ウラギンシジミのねぐらを見つけました。
とりあえず、2頭がいました。
この嵐でどうなったか・・・
気になります。

bPC090152.jpg

bPB290044.jpg

秋色

地元で良い紅葉に会えなかったので、東京まで行ってきました。

bPB300148.jpg

aPC080220.jpg

bPC080121.jpg

連日

今日はSSPの忘年会。
明日はゴミゼロの忘年会。
フラワーちゃんがパソコンのキーボードを打っていると邪魔しに来ます。
家内もいないので、夜遅く帰るまで夕飯食べられなかったし、遊んで欲しいんでしょう。
でも、もう寝るぞ。

aPC070097.jpg

bPC010030.jpg

フラワーちゃん、復活。

2日ほど前、フラワーちゃんの元気が無くなった。
食事を残し、一回戻した。
遊ぶことは遊ぶが、すぐに寝てしまう。
腕の中で寝たりして可愛かったけど、心配だった。
今日、回復した。
部屋中を駆け巡り、物を落とす。
走った勢いでコンセントを蹴って抜くので、テレビが突然切れる。
捕まえようとすると、噛みつく。
いたずらぶりに困るけど、嬉しい。
cPC010438.jpg

ヴェロキラプトルとプロトケラトプス

これも凄い化石です。
ヴェロキラプトルは映画ジュラシックパークで、人間を襲う小型肉食恐竜として主役級ですが、実物は更に小さく、エミューよりもずっと小さいです。
1枚目は、このヴェロキラプトルですが、光の当たっている中心の少し左に中空の割れた骨が見えます。
これはヴェロキラプトルの骨ではありません。これほどの中空の骨は空を飛ぶ生物、鳥ではなく、翼竜のものと考えられているそうです。
あ、つまり、ヴェロキラプトルのごちそうがお腹の中に入っていたんですね。骨付きのフライドフライングドラゴンです。
bPC010142.jpg

2枚目、これこそ真打ち級の化石、なんとヴェロキラプトルと草食恐竜プロトケラトプスが格闘中に死んだ化石です。
この化石のことは知っていましたが、たまたま死体が重なっただけじゃないかと思っていました。
ところがびっくり、立体的な化石なんですね。
しかも、プロトケラトプスはヴェロキラプトルの前足をくわえている!
ヴェロキラプトルの方は、後足の巨大なツメがプロトケラトプスのお腹の部分に食い込んでいます。
おそらくはその状態で沼地にでも埋まって死んだのではないかと思います。
こんなことがあるんですね。
1億年も昔の戦いがこんな形でみれるとは!
驚きです。
bPC010183.jpg

3枚目はこれもびっくり。プロトケラトプスの赤ちゃんの群れです。
15匹もいるそうです!
きっと可愛かったんだろうな−。

bPC010410.jpg

オヴィラプトル

国立科学博物館で開催中の大恐竜博に行ってきました。
科博の植物園のリピーターズパスを持っていると割引です(笑)。
有名な化石がいくつも出品されていました。
まずは、オヴィラプトル。
卵を抱えるようにした化石なので、「化石泥棒」という「オヴィラプトル」の名前がつきましたが、実は卵を守っていた、あるいは暖めていた状態で死んだのだと見直されました。
1枚目の化石がそれです。

aPC010006.jpg

両腕で抱えるようにしています。後足は、鳥のように畳まれています。
この化石は、後足と両腕の上の部分、すなわち背骨、頭、尻尾が全部風化して無くなっています。
両腕と足(骨盤)だけです。
しかし、何億年経っても、まだこの親竜が一生懸命卵を守っていた「意志(愛)」が伝わってきますね。

aPC010007.jpg

2枚目は、復元図。
まるでヒクイドリのようです。

aPC010325.jpg

3枚目は頭部の化石(種類は違いますが、いずれもオヴィラプトル類です)。
ヒクイドリのように頭が飛び出ています。
復元図も、ヒクイドリを意識した色彩に復元されています。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。