fc2ブログ

プロフィール

RANA

Author:RANA
小動物や昆虫などの写真を主に撮っています。
機材は小型軽量のフォーサーズ、マイクロフォーサーズ。

日本自然写真協会(SSP)会員
(プロ中心ですがアマチュアも参加できます。私もアマチュアです。ページ上部にリンクがあります。)

ゴミゼロ倶楽部会員(フォーサーズ、マイクロフォーサーズのクラブです。ユーザーは誰でも参加できます。ページ上部にリンクがあります)

私のHPも作りました。ページ上部のリンクからご覧ください。

カテゴリ

0 コメント

キマダラルリツバメ

絶滅危惧種のこの蝶に会いに毎年通っている。この蝶の保護活動をしていて、なおかつ蝶の写真愛好家の世話をしてくださるそば屋のご主人に会って話をするのも楽しみだ。もちろん、ご主人特製の天ぷらそばがうまい。今日はたったの7〜8人しかこなかった。50人来たという先週とは大違い。のんびり撮影できた。とはいえ、蝶の出るのは日没間際。しかも片道4時間かかるので、夕方5時過ぎには切り上げたので、実質1時間の撮影時間...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

ミドリシジミ卍飛行

ミドリシジミは雄同士が空中でくるくる回って空中戦をやる。 俗に卍飛行と呼んでいる。 これを料理するのは、今までは魚眼+フラッシュだった。 今回初めて、300mm+1.4テレコン+Proキャプチャーで挑戦した。 しかし、二兎追う者はということわざを信じて、今年は一回だけで卍飛行は封印し、テリトリー争いのダッシュ撮影に集中した。 来年以降、また卍飛行を料理してみたい。...
記事の続きを読む
0 コメント

ミドリシジミのテリトリー防衛飛翔

ミドリシジミは夕方の赤い光の中を飛ぶ。当然、どんどん暗くなるし条件は悪い。 しかし、猛烈なスピードで飛ぶため、4000分の1秒のSSは必須、すると一絞りアンダーでもiso6400でF7.1くらいになる。300mm×1.4テレコンだと、ピントの合う範囲が極端に狭い。 蝶は枝先に止まっていて、テリトリーに入った蝶を追うために飛び出す。侵略者は前、上、下、左、右、どこからくるかわからない。蝶は飛び出すとすぐに方向転換して追...
記事の続きを読む
0 コメント

ベニシジミ

庭先に来たベニシジミ。 普通種でも美しく、深度合成もないノーマルでも素敵なチョウ。 技術に溺れちゃいかんですね。...
記事の続きを読む
0 コメント

梢のミドリ

今週は予定が一杯でハイシーズンなのにゆっくり撮影できない。今朝一番に1時間ほど撮影した。 いよいよミドリシジミの発生期だ。と思っていたら、もう雌も発生している。普通は雌が遅く発生するので、やはり今年は発生が早い。 ミドリシジミの仲間は梢のチョウ。 たまには下草に降りて来て大写しできるが、やはり樹上でキラリと光るのが素晴らしい。 深度合成で、普通はぼけぼけになる大写しも、なかなか綺麗に写る。 雌はミドリ...
記事の続きを読む