スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な虫

この白いロウ物質に覆われた虫は、遠目にはカイガラムシ、近づいてみれば蛾の幼虫かと思ったらそうではなく、「クルミマルハバチ」というハチの幼虫だそうです。
丸いお顔が結構可愛いかも。

aP6010258.jpg

aP6010321.jpg
スポンサーサイト

<< ウラゴマダラシジミ | ホーム | 昭和記念公園 >>


コメント

なんじゃこりゃー!!

どこが頭でどこが足か全然わかりません~!!
世の中には常識では測り切れない生き物がいるんですね。
今度見つけてみたいです。^^

こういうのって、見当もつかないので、調べるのが大変なんですよね。昨年のセミヤドリガを思い出しました。

うっひゃー!!

楽しい!何これーーー!見て見たいですわぁ。
見つけたRANAさんが凄い!(≧▽≦)b

変でしょ?
自然は不思議がいっぱいで、いつもドキドキします。
小笠原でも、茨城でも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。