スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新機能

フォーカスブラケットで何枚も写し、自動的に深度合成をするというオリンパスTG3の新機能を試してみました。
まず、ジャコウアゲハの卵。かなりの拡大が写せます。

aP7130011.jpg

ガガンボの一種。絞らなくてもこの深度。

aP7130017.jpg

蘭。こういう大きい被写体にも効果的です。

aP7130025.jpg

さりげなく写るところが、またいいですね。
とても合成とは思えません。
スポンサーサイト

<< 絶滅危惧のハチ | ホーム | ワイルドバナナとミツバチ >>


コメント

すごーい!たまごがここまで!!きれいですね~。(≧▽≦)
ガガンボはずっと「カトンボ」と呼び続け未だになおりません。ww

ここまで拡大するのは大変なのですが、カメラの進歩で簡単になりました。びっくりしています。

カメラの進化、、
目を見張るものがありますね!
これ、合成なんですか!?

自動的にフォーカスブラケットして、それのピンの良いところだけ合成するようです。Photoshopでもできるようですが、これはカメラの機能に任せました、蝶の卵がこんなに簡単に撮れるとは、驚きです。

おおおおお、TG-3 GETですかー!
おめでとうございます!
私もこの被写界深度合成は欲しい~!
でもニコ1に投資しすぎて手が出ません。
しばらくはRANAさんのお手本をじっくり拝見させて下さい。

私も1V3欲しいです(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。