スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマシロチョウとミヤマモンキチョウ

例年写している高山蝶、ミヤマシロチョウと、ミヤマモンキチョウです。
今年はあまり良いシーンに遭えませんでした。
それにしても、田渕行男の作品は凄い。
名著、「高山蝶」は昨年入手しましたが、ことしは「日本アルブスの蝶」を入手しました。高校時代、図書館で毎日眺めていた名著です(写真集は貸し出し禁止のため、毎日昼休み見ていました)。
あるとき、アサヒカメラかなんかの雑誌に田淵氏を訪ねる記事があり、奥さん「田淵は儲かる話には頓着しないので・・・」というような話をしていました。
そのときの記者の言葉が素敵で、「イワナを滅ぼしてはいけない、と思った」というような記事でした。
高山蝶の写真を撮りたいと思うのは、実は田淵さんの作品、生き様に憧れているのかもしれませんね、

bmiyamasiro.jpg

bmiyamamonki.jpg

スポンサーサイト

<< 小蓮華岳 | ホーム | キアゲハ >>


コメント

>田淵は儲かる話には頓着しないので・・
なるほどなるほど、高山蝶を愛せる人間は俗世間の常識にはとらわれないのでしょうね。
私も撮り方より生き方を学びたいです。^^

感化されて山に登ってきましたが、体力が伴わず、ぼろぼろです。学ぶのは難しいかも(涙)。

わ~きれい!いいな、いいなぁ。(*´▽`*)
虫の体のふわふわ好きです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。