スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマトシジミ

降ったり止んだりの一日。
晴れ間に、庭先のヤマトシジミに遊んでもらいました。
Olympus TG-3ですが、1枚目は魚露目にフラッシュの自作ディフューザー使用。

aP8300014.jpg

2枚目は、顕微鏡モードでしたが、深度合成しないほうがいい感じだったのでそちらを採用しました。

aP8310052.jpg
スポンサーサイト

<< アサギマダラ | ホーム | ウシガエル >>


コメント

え、1枚目魚露目ですか! (@_@)
周辺がそんなに流れていなのにビックリです。
被写界深度合成は私だとブレそうなので
私は低速で絞る戦略にしました。^^;

ズームだけではケラレが出てしまうため、デジタルズームを使いました。そのため、流れる部分がカットされています。
TG−3は(多分TG−2も)絞りの三段階目(f11?)は絞りではなく、NDフィルターだといいます。解析現象を避けるためらしいです。先日のSSPでは、オリの開発の人が、海野先生を始めSSP会員の方々に、ちゃんと絞りにするよう、説得されていました。

ヤマトシジミ増えましたよね!
いい感じ~♪
2枚目の、お花のちらちらも素敵なアクセントですね(^-^*)
我が家の庭 せっせせっせとカタバミを守るべく
他の雑草を整理してます。
けっこう、他の雑草に負けやすいんですね^^;
拍手☆

雑草の管理、カタバミは小さいので守るのが大変だけど面白いですよね。ヤマトシジミ増えるといいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。