スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサギマダラ

夏の名残を惜しんで、高原に行ってきました。
アサギマダラがまだいました。
このあと、南に向かって飛び立ち、冬は南西諸島で越冬します。
アサギマダラの浅葱色は、浅い黄色ではありません。
wikiによると
「浅葱色(あさぎいろ)とは、ごく薄い藍色のことである。また、現在は薄い青緑をこう呼ぶこともある。青色よりも緑に近く、花色より薄い。新選組が羽織等で使用。」
とのことです。
それにしても、優雅な蝶です。

aP9061017.jpg

aP9061085.jpg

aP9061227.jpg
スポンサーサイト

<< クジャクチョウ | ホーム | ヤマトシジミ >>


コメント

夏の終わりに、アサギマダラを
素敵な一日となりましたね!
もう、9月かぁ。。。
これから暖かい島へと旅立っていくんですね。
ロマンだなあ、
浅葱色 独特の色合いですよね!
拍手☆

海野さんの小諸日誌によると、この場所で交尾は見たことがないとのことです。恋は長旅のあと、南の島でということかも知れません。

ひゃぁ~

きれいですね~。
浅葱色いいですよね~。
なるほど新撰組の羽織の色はここから!

にぼし。さん
 南方系の蝶なので、山に南国の風を運んできているみたいに、派手な蝶です。沖縄には沢山いるのですが、小笠原は南国なのにこの仲間がいないのです。このあと、この子たちは冬越しのために南西諸島を目指して飛んでいきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。