スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物園の虫

植物園にはいろいろな虫もいました。
まずはアカボシゴマダラ。
この夏、県西に現れたとおもったら、とうとう、わが町にもやってきました。
奇麗なんですけどね。
在来のゴマダラチョウも見かけました。
なんとか、仲良くやってもらいたいものです。

bP9140451.jpg

次は、この町では初見のアサマイチモンジ。普通のイチモンジチョウも多くはないのですが、これまでアサマイチモンジを見たことはありませんでした。
でも、いました。
楽しみが増えます。
違いは翅の白い帯が、イチモンジチョウは途中一カ所細くなるのに対し、アサマイチモンジはご覧のように同じ幅で繋がっています。
こっちが、「一文字」に相応しいですね。

bP9140593.jpg

3番目、セミヤドリガの繭。去年は沢山見つけることができましたが、今年はたった一つ。
セミが少なかったので、想定はしていましたが、セミヤドリガにとって、厳しい年のようです。

bP9140505.jpg

スポンサーサイト

<< 植物園の虫 | ホーム | 植物園 >>


コメント

アサマイチモンジの飛び、いいですね~♪
ゴマダラどっちも見ましたか~
ほんと、仲良く共存していて欲しいものです。

RANAさんの影響で八方池行ってきました♪

てふさん
 八方池の写真拝見しましたよ!
 早朝の白馬の凄みがクール!

今季私はアカボシゴマダラばかり見たなあ、
ゴマダラチョウはついに見てないです。
アサマイチモンジ嬉しい出会いでしたね!
セミヤドリガの繭ですか。
私も似たようなのを見たのですが、あれは何だろう。
どう見ても幼虫が白いふさふさに全身くるまれているような
そんな感じでした。
拍手☆

Sippo☆さん
 そうですか、ゴマダラは見ていないですか。不安になりますね。
綿にくるまれた虫、それはきっとセミヤドリガですよ。良い出会いがあると良いですね。

ブログ拝見しましたが、セミヤドリガじゃないですね。アゲハモドキじゃ無いかと思います。実物を見たことはありませんが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。