スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョロウグモの交尾

ジョロウグモは雌に食べられないように、雌が食事中か脱皮直後に交尾するとあります。このときは、そばに雌の脱皮殻があったことから、おそらく脱皮の後なのだと思います。
雄はかなり長い間、雌についていました。時々、雌が動くと、ぱっと後ずさりするので、気を抜いていないことが分かります。よく見ると、逃げるための糸をお尻から出しています。命綱というところでしょうか。
クモの交尾は口のあたりの触肢で精子を雌の胴のあたりの生殖口に持っていくので、昆虫や脊椎動物とは随分違いますね。
bP9280199.jpg
スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | 植物園の虫 >>


コメント

ほ~

そうなんですね。
蜘蛛ってやっぱり蜘蛛・・・昆虫じゃない。

字面だけで蜘蛛のオスとメスは どうのこうの・・・と見聞きしたことはありますが、この画像みたら「なるほど」と納得。
さすが いきもの博士だ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。