スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマシロチョウ

山にはミヤマシロチョウもいました。
山々を背景に一枚、パチリ。
aP7207328.jpg


昨年は沢山発生したそうで、小さな食樹にもいくつも越冬巣がありました。
こんなにあると、餌不足じゃないか、病気が蔓延しないか、心配になります。
どんな生き物も一方的に増えることはできません。
いつか、減少に転じます。
増えたり減ったり、それだけが永遠です。

dP7207244.jpg

実は登山口にもいました。
2年前にも見ていて、その時は山から飛んできたのかと思っていましたが、今回も見たので、これは確かでしょう。確かに、低い場所でも発生しているのでしょう。これはちょっと嬉しいですね。

bP7200057.jpg
スポンサーサイト

<< 山頂のチョウ | ホーム | ミヤマモンキチョウ >>


コメント

私も、最初の出逢いは登山口でした。
てっきり、上で発生して下へ降りてきたのだと思っていました。
下でも発生・・・!
丸裸のメギも目立ちましたね。
葉が茂るメギもあるのに、丸裸のを選び産卵するメスもいました。
どうしてなのか疑問です。
増えたり減ったりを繰り返しながらも、、
絶滅だけはしてほしくないです。
拍手☆

ここは増えているので大丈夫でしょう。
八ヶ岳の方はちと心配ですね。
食草は山のようにあるのですけど。
低い場所でも普通に見られるようになるといいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。