スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリングフィールド

数百万の人が虐殺されたカンボジア。
そのキリングフィールドは、まるで日本の広島のように大勢の人が訪れて、悲劇に思いを馳せています。
通路の道ばたにさえ、土から顔を出す人骨の一部や、犠牲者の衣類の切れ端が見られるのが、恐ろしく思います。
生な写真は写せません。悲劇を知らせるためには写すべきでしょうけど。
悲劇の地に無心に羽ばたくチョウやニワトリを写します。
沖縄の摩文仁の丘にオオゴマダラを追ったように。

bPB170158.jpg

bPB170105.jpg

bPB170124.jpg
スポンサーサイト

<< アンコールワット | ホーム | 南のチョウ >>


コメント

人が、人を・・・
決してあってはいけないこと、
いえ、人に限らず
いのちの重み 大切さを、
なぜ人は忘れてしまうのか。
その人の親は、一生懸命それを教え
育ててきたのではなかったの?
お金というものを作った時から
人間は、破滅への道へと まっしぐらに進んでいるのかもしれませんね・・・
便利だの、快楽だの、
それらは、退化と背中合わせ。
拍手☆

キシタアゲハだーーー!!!

ムチャクチャ憧れてる蝶です!!
蝶は人間の無謀な行動とは無関係に美しいですね。
残された人たちを癒していることを7祈ります。

本当にあってはならないことが、生じてしまったのですね。
チョウの無心さが、少なくとも私には救いになりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。