アンコールワット

有名なアンコールワットや最大のアンコールトムを含む寺院の立ち並ぶエリアは、しっかり森林が守られています。そのため、この地域は、平野としては例外的に巨木が立ち並ぶ森となっています。ゾウは観光用、携帯電話してますね。運転中でも良いのかな。

cPB201202.jpg

cPB201572.jpg

cPB201613.jpg
スポンサーサイト

<< 食中毒 | ホーム | キリングフィールド >>


コメント

木を守るって、どういうことなんだろう。
エノキの幼木は、どうして他の木のすぐそばにあるのだろう とか、

近所の公園では、囲いをしてオオムラサキを育てているけれど
放しても生きていけない
周りにそれらしき木はいっぱいあるけれど
どれも痩せ細っているんですよね。
放す前に、生きられる環境を作って欲しいと思う・・・

拍手☆

エノキは鳥が種子を運ぶのでそういうところに増えるようです。こちらではオオムラサキのいる森は湿地や川沿い、夏はしばしば冠水します。冬になると関東は雨が少なくて冠水しません。そうすると幼虫が降りてくるんですね。よくできていると感心しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム