スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森林が消えるのは

1)非合法伐採。万一、伐採者に出会うと刃物を保っているだけに危険な状況。最初は木材用の大木を抜き切りしているだけだが、、、

ePB190728.jpg

2)やがて、薪炭用に全部切るようになり、焼き払ってそこにキャッサバを植える農民が入植する。これももちろん非合法。これはキャッサバ畑。

e2PB190327.jpg

3)こちらは合法的な企業によるゴム園造成地。ここも同じような森林だった。

e3PB190569.jpg

産業として正式に開発しているのはその国のことなのですが、非合法の開拓はやはりなんとかならないのかと思うのですが、なんともならないのでしょうね。
スポンサーサイト

<< 植物園で新レンズ | ホーム | 食中毒 >>


コメント

何も出来ないもどかしさ

全てはその国の国民全体の教育問題からですよね。

1) 木材より良い燃料が使えるようになる(つまり化石燃料)、2)林業やキャッサバより良い就職口ができる(農業とか)、それに3)教育、の順ですね。

そっか!ここはまず燃料なのですね!そして仕事!
価値観はそれぞれですが私はつくづく日本に生まれ育って
よかったと思います。学んでしまってるからかな。
でもほんと水道水が飲める、屋根や布団ある生活を
ありがたく恵まれてるな~って思います。

非合法に伐採、、
そんなことがあるなんて、
日本ではあり得ない話ですね。
国事情も様々、また国土が広ければ管理もしきれないのかな、、
食中毒ですか!
お大事になさってくださいね。
拍手☆

非合法伐採だけなら日本もあったようですが、流石に非合法に入植ってなかなかないですね。入植地から追い立てたら何になるのかというと、何にもなれないわけで、難しいです。電気も水道も無い入植地(だけど道とバイクはある)で屈託なく遊ぶ子供たちを見ると、これは難しい問題だって分かります。奇麗ごとではないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。