ひっそりと再開

オガサワラシジミ
通勤時間が長くなり、ネットに費やす時間がなくなり放置していたのですが、たまには更新することにしました。
というわけでひっそりと大晦日に再開です。
ただし、時間が取れないので、更新は不定期、返事も難しいことはご了承ください。

再開記念の写真は小笠原の至宝、オガサワラシジミです。
2015年に前職を退職後、2航海ほど小笠原に滞在しました。
この年は幸いにも個体数が多く、保護区を仕切るフェンスの外側から写真が撮れました。もちろん保護区の中への立ち入りは禁止されています。
翅の表の色はボニンブルーという、小笠原の海特有の深い青色を呈します。ボニンとは、小笠原諸島の別名で、ぶじん、つまり無人島という言葉が欧米系の移植者に伝わり、ボニンアイランドと呼ばれました。
もちろん、国指定天然記念物、国内希少野生動植物種、説滅危惧IA類で、国、NPO、地元など多様な主体の総力を挙げて絶滅を防いでいる所です。
スポンサーサイト

<< オガサワラシジミは何故減ったのか | ホーム | 突然ですが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム