スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下界のチョウ

うだるような暑さですが、少しでも涼しい午前中の時間を使って、下界の雑木林を歩いてみました。
蚊やアブといった由緒正しい吸血昆虫でない、怪しいハエ目の吸血昆虫が一杯いるので、メッシュのガードは欠かせません。
そういう虫をたべてくれるのが、ハグロトンボ。
立ち居振る舞いが優雅で、時々羽を開いて舞っているようです。
aP7270060.jpg


地上にオオムラサキが落ちていました。
羽はぼろぼろ、戦いに敗れたのでしょうか。
もう飛ぶことは出来ないようですが、それでも威厳があります。
敗れても、王は王、というところでしょうか。
aP7270222.jpg


樹上に、ルリタテハがいました。
まるで木と同化してしまいそうな模様です。
華やかさはないですが、昆虫たちの世界は今日も活発です。
aP7270322.jpg

スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | いろいろな虫 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。