FC2ブログ

ミドリシジミのテリトリー防衛飛翔

ミドリシジミは夕方の赤い光の中を飛ぶ。当然、どんどん暗くなるし条件は悪い。
しかし、猛烈なスピードで飛ぶため、4000分の1秒のSSは必須、すると一絞りアンダーでもiso6400でF7.1くらいになる。300mm×1.4テレコンだと、ピントの合う範囲が極端に狭い。
蝶は枝先に止まっていて、テリトリーに入った蝶を追うために飛び出す。侵略者は前、上、下、左、右、どこからくるかわからない。蝶は飛び出すとすぐに方向転換して追いかける。全くピントが合わせようがない。置きピンの場所に偶然来るのを何度でもマツ必要がある。
また、そのスピードが凄い。秒60枚のプロキャプチャーでも、飛ぶ蝶は2、3枚しか写らない。羽が良い位置に来ることは滅多にない。
この写真は、運良くうまい具合に写っているが、残念ながらピンの位置が2mmほど前ピンだ。

ミドリシジミP6091337
スポンサーサイト

<< ミドリシジミ卍飛行 | ホーム | ベニシジミ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム