スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマシジミとアリ

ミヤマシジミについては、ヒメシジミに似た絶滅危惧種というような漠然とした印象しかありませんでした。しかし、調べてみると、このチョウもアリと深い関係があるようです。特定の種類のアリと共生関係にあり、幼虫は食草上で常にアリに守ってもらえる一方、蜜を出してアリにも利益をもたらしているようです。しかも、幼虫は蛹になるとき、アリの巣に入って蛹になるという話です。また、アリを騙しているゴマシジミと似た化学物質を持っているという報告もあるようです。つまり、ミヤマシジミは、普通のシジミチョウがアリ依存となる途上にあるのかもしれません。進化を考えるとき、こういう途上の生物は興味深いです。いわば、爬虫類と鳥類のミッシング・リンクである始祖鳥のようなものかもしれません。ミヤマシジミとも真面目につきあってみたいです。
cP8100150.jpg
スポンサーサイト

<< 高嶺のゴマシジミ | ホーム | ゴマシジミ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。