fc2ブログ

プロフィール

RANA

Author:RANA
小動物や昆虫などの写真を主に撮っています。
機材は小型軽量のフォーサーズ、マイクロフォーサーズ。

日本自然写真協会(SSP)会員
(プロ中心ですがアマチュアも参加できます。私もアマチュアです。ページ上部にリンクがあります。)

ゴミゼロ倶楽部会員(フォーサーズ、マイクロフォーサーズのクラブです。ユーザーは誰でも参加できます。ページ上部にリンクがあります)

私のHPも作りました。ページ上部のリンクからご覧ください。

カテゴリ

0 コメント

夏の雨の日

夏の長雨が続きました。消えたはずの梅雨前線が復活し、太陽の存在を忘れてしまうほどでした。
そんな日々でもいろいろな生き物がいます。
むしろ、そんな日々だから会えた生き物がいます。
雨が降ったり止んだりしたある日、近くの里山に出かけてきました。

もちろん、最初はカタツムリ。
この場所ではこの小さなカタツムリがたくさん。
別の場所で見たオナジマイマイに似ているけど、色が明るいなあと思って調べたら、コハクオナジマイマイという日本固有種だけど、関東では国内外来種でした。コハクは色が乳白色をしているから。原産地は九州〜中国地方のようです。
ちなみにオナジマイマイは正真正銘の外来種。東南アジア原産だそうです。

コハクオナジマイマイ01P8160021

農作物の害虫になるのもわかりますね。
驚いたのはこういう外来種を百匹とかいう単位でネット上で売買していること。
オサムシの餌にするのでしょうか。

コハクオナジマイマイP8160094

キセルガイの一種も道路を横断していました。普段は地味なところに隠れているんですが、こんな場所に出てきてしまうのは長雨の影響でしょうか。

キセルガイの一種P8160065

道端にクズの群落があります。
ツチイナゴの若虫がたくさんいました。
涙を流したような模様が可愛いです。
でも、泣きイナゴじゃないんですね。

ツチイナゴ若虫P8160193

クズの茎にはカメムシが。カメムシは苦手なんですが、ハラビロヒロヘリカメムシじゃないかと思います。

ハラビロヘリカメムシ?P8160224

虫がいるところには天敵も。ハラビロカマキリの若虫がいました。

ハラビロカマキリ若虫P8160268

ここから、夜です。

夜になるとカラスウリが怪しい花を広げます。
テヅルモヅルみたい。

カラスウリ花P8170081

昼間縮こまっているワキグロサツマノミダマシも夜は活発に網を広げます。

ワキグロサツマノミダマシP8170343

枝先でシオカラトンボが眠っています。
夜は、敵がくれば振動で察知できる枝先が一番安全なのでしょう。

眠るシオカラトンボP8170316

足元をぴょんぴょんと小さなカエルが跳ねます。
光を当ててみると、国内外来種のヌマガエルでした。本来は箱根の関所より西南に分布するカエル。
いろいろな色彩変異がありますが、この子は頬紅をさしています。

ヌマガエル頬赤P8170072

頭上の枝に何かを感じて見ると、カエルのお尻。ここだけ見て、カエルとわからないと見つかりません。

シュレーゲルお尻P8170270

反対側に回ってみるとシュレーゲルアオガエルが上を見ていました。これが虫を待つスタンスなのでしょう。
下から写すと、もう少しいいポーズで写したいという感じ。もう少し低い枝に泊まっていれば。

シュレーゲル雄P8170289

黄色く変色した葉のようなものが目に入ったのでよく見ると大きなシュレーゲルアオガエル。多分、メスで、全身に美しい黄斑が入っています。こんな美しいカエルが日本にいるんだっていうレベル。とってもラッキーでした。この日は、都合3頭のシュレーゲルアオガエルを見つけました。

シュレーゲル黄斑P8170217

黄色い葉で味をしめたので、葉とは違う色の何かを見つけ、アマガエルではないかと灯に照らしてみると、イラガ幼虫でした。
刺されたくない〜。

イラガ幼虫P8170286

雨の日も楽しいですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント