スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミヤドリガ2

今日もセミヤドリガを探してきました。
釣り下がる幼虫。
必死の動きです。
だんだん降りてくるのかと思いきや、どんどん上がっていきました。

aP8310404.jpg

よく見ると、繭がいくつもありました。
綿毛にくるまれています。
aP8310612.jpg

アブラゼミに寄生している例をもう一つ見つけました。
この裏側からの角度も良いですね。
aP8310387.jpg
スポンサーサイト

<< セミヤドリガ3 | ホーム | 謎の物体 >>


コメント

うわっ! これ見ると寄生されてるのがハッキリわかりますね。
セミは数日の命しかないのに、これを見逃さず寄生する方もたいしたもんです。
進化の歴史は寄生者や病原菌との戦いだとの見方もありますから、セミも負けずに進化をとげてほしいです。^^

てふさん
 セミヤドリガの成長からすると、セミの寿命ももう少し長いという説もあるようです。それと、普通の咀嚼口しかない幼虫がどうやって栄養を吸っているのか分からないらしいです。まだまだ謎が多いようです。でも、寄生して殺しちゃうハチやハエに比べると、平和的な寄生ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。