スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミヤドリガ3

まだ、謎がありました。
木の上から、ガの幼虫が糸を吐いて降りてくるのはよく見ます。
しかし、セミヤドリガの場合、上にも下にも糸があるのです。
これは糸だけ先に地上まで垂らして、それを伝って下がってくるのではないでしょうか。
恐らく地上に降りても歩けないので、そういうことをしているのかと思います。

aP9019460.jpg

必ずしも無事にたどり着くとは限りません。
クモの巣にあるものは、セミヤドリガの衣装だと思います。

aP9019407.jpg

スポンサーサイト

<< 植物園 | ホーム | セミヤドリガ2 >>


コメント

あ、ほんとだ。糸が上下にありますね。
森を歩いていると上の糸だけの毛虫がいっぱいいますが、
なんか「しっかり者」に見えます♪
でも糸を張る専門家には敵わない訳ですね。^^;

糸の上下は驚きました。
歩いていると、主のない縦糸が見つかることがありますが、もしかしてセミヤドリガの糸?と思ってしまいます。
自然は謎が一杯ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。