スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のチョウ

夏には数が少なく、秋にならないとなかなか見られないツマグロキチョウ。
茨城あたりではほぼ絶滅していて、見ることはできない。
秋のチョウということで、遊んでもらいました。
この種の生きられる環境がいつまでもあって欲しい。

aPA140432.jpg

aPA140492.jpg

aPA140571.jpg
スポンサーサイト

<< もう一つのキチョウ | ホーム | スズメガのサイン >>


コメント

2枚目が「蝶の道」って感じで味わい深いですねー♪
私も蝶が生きてゆく環境が残って欲しいと願ってます。
今年はどこへ行ってもアサギマダラが少ないです。
食草や移動環境も厳しいようです。

この間の市民まつりで、このイヌタデが鉢植えで売ってたのには
ビビッて笑えました。200円とかかなぁ~?
そこらに生えてるのにね。気づかず買うんですかね。ww

と、2枚目の写真から思ったのでした。
チョウチョのおしりが着いててかわいいですね。

てふさん
 アサギマダラ、少ないですか?
 毎年毎年、いろいろなことがありますね。
 それでも生きていく強さに期待したいです。

にぼし。さん
 イヌタデ、都会ではカブトムシ同様、買うしかないのでしょうか。200円という値段がびみょーに納得。原価ゼロなんでしょうね。

今季初めて、秋型の子をきちんと撮影しました
奇跡の河原
ああ、また会いに行きたくなっちゃいました^^
秋の蝶模様になってきましたね。
この子たち 台風を避けられる場所を、確保できたかな・・・
ウスバカマキリに会えなかったのが残念です><
拍手☆

Sippo☆さん

奇跡の河原
ここがなければ、会えない子が沢山いますね
なんとか、将来共にこの状態が続くことを祈ります

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。