スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は生産中止になってしまったオリンパスの旧OMシステム用に、最強の拡大レンズ、Zuiko 20mm Macro があります。
その守備範囲は、フルサイズ時代に4.3倍~12倍。フォーサーズだと、8〜24倍になります。
ようやく中古で入手し、昨日フィールドテストをしてきました。
ご覧の通り、凄い威力ですが、被写界深度が浅く、一方では絞ると回析で、使い方は、今後工夫する必要があります。
被写体はミドリシジミの卵。
中央のくぼみの中に穴がありますが、精子が通過するための穴と聞いたことがあります。
それにしても、なんという精緻な構造でしょう。
ただ、フラッシュを使っているというものの、手持ち撮影は限界です。
でも、下が湿地なので、三脚も使えるかどうか、難しいところです。

bP1120654.jpg

bP1120552.jpg

bP1120345.jpg
スポンサーサイト

<< ゴミゼロ写真展 | ホーム | シモバシラ >>


コメント

>4.3倍~12倍
エエエ!? キヤノンのMP5倍の上のそんなレンズが存在そたのですか!!
でもこの卵写真で納得です。
鬼に金棒、RANAさんに24倍 ですね。

そうですね、当時はキャノンのレンズは無く、ニコンのメディカルニッコールが、唯一のライバルでした。
メディカルニッコールは仕事で使いましたが、旧型の方が倍率がよく、フラッシュがセットなので便利でした。

拡大レンズ?

拡大レンズ・・・。
フジツボかと思っちゃいました。
あのちっこいシジミ蝶のたまごぉ?スゴイ。

ママくんさん

お久しぶり!ウニのようだというのが家内の評です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。