スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キマダラルリツバメ

このチョウは特定の種類のアリと共生しているので、発生条件が厳しく、全国でも所々でしか、見られません。
この場所は、天然記念物になっていることと、40年もこの蝶の保護に取り組んでいる方のおかげで簡単に見られますが、こんな場所はおいそれとはありません。
そういうわけで、行ける年には行くことにしています。
今年は雨が心配でしたが、今にも降り出しそうな空でも何とか降らずにすみ、撮影を堪能できました。
ちとカメラマンが多かったですが、皆さんマナーがよいので、あまり気になりませんでした。
夕方になると、それこそ次々飛び出してきて、追いかけあってすっかり落ち着きがなくなり、とまらなくなりました。
ちいさいけど、元気印です。
家まで遠いので、その辺で撮影も終わりとしました。
帰りにトンネルを抜けるとそこは凄まじい土砂降りで、降られなかったのはまさに幸運でした。

aP6300529.jpg

aP6300492.jpg

aP6300274.jpg
スポンサーサイト

<< 魚眼でキマルリ | ホーム | ヤマトシジミ >>


コメント

キマルリ、行かれたのですね!
本当に美しい蝶で、私も大感動でした。
保護しないと、採集者もやってくる、
なんとかならないものでしょうか・・・
あ、私も帰り道、ゲリラ豪雨に遭いました><

ハイ、行ってきました。
三島町は天然記念物ですし、あそこはおじさんがパトロールしてるから大丈夫でしょう。
福島県の他の場所はそうはいかないでしょうね。
残念ですが。

共生の宿命?

共生してる蝶には厳しい時代かもしれませんね。
人間が変える環境の影響が大きいのでしょう。
パトロールの人達、ガンバレー!

てふさん
本当に頑張って欲しいです。
あんな小さな生息地、採集圧をかければ、たちまち滅びてしまいますよ。

こんにちは
気マダラルリ、きれいに撮影されていますね。
私は日曜日に撮影に行きましたが、もしかしてこの日に撮影にいらしていました?
魚露目などで接近して皆さんにご迷惑をおかけしていました。

訪問ありがとうございます。
私も日曜でした。
ご一緒でしたね。
私も魚眼使っていたからお互い様です(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。