スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミドリシジミ類

先日は、ハンノキ林の「ミドリシジミ」の写真を紹介しました。
この仲間は、多くのチョウと違って、草ではなく、木の葉を食べて育ちます。
今日は、その中でも、ナラ(コナラ、ミズナラ)を食べる2種類を。

オオミドリシジミ
aP7070083.jpg


ジョウザンミドリシジミ
aP7070163.jpg


良く似ていますが、確かに別種です。
茨城では、ジョウザンミドリシジミは少ない種類です。
スポンサーサイト

<< 遠出しています | ホーム | 魚眼でキマルリ >>


コメント

オオミドリシジミは比較的出会いやすい種だと、
今年わかりました。
先日、撮影した子がどの子か知りたくて
図鑑とにらめっこしたので、違いがわかりました~☆
でも、まだ女の子しか見たことがない私。。
いつか、男の子に会えたらいいな!
・・・早起き苦手だから、無理かな(笑)
拍手(≧∇≦)

この輝きと食草はどう関係しているのだろうと毎回不思議に思います。
ナラ(コナラ、ミズナラ)には輝く元の成分か何か入ってるでしょうかね?

Sippo☆さん
 オオミドリは少なくはないけど、以外と写しにくい印象です。なかなか降りてこないんですよね。活動時間は、概ね朝9時までのようです。

てふさん
 本当に、あの色はどこから出るんだろうって思いますね。よほどのおしゃれ好きでしょうか。

おお!きれい!

今年こそはと時間ができて先週見に行ったら時間が遅かったのか
風が強い日だったのか出会えませんでした。残念。
またチャレンジしまーす!

なかなか会えないチョウですが、日没の頃、試みてください。
安全な場所でしたら。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。